トップ 住宅リフォームナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

太陽光発電システムっていくらぐらいかかるの?太陽光発電一括見積り

住宅リフォームナビ/リフォーム業者の口コミと評判リフォームのコツ > キッチンを改造する

キッチンを改造する

キッチンを改造するの画像

キッチンのリフォームは、そこに立って一日の何時間を費やしながら料理をする主婦にとって、夢の実現となるでしょう。

まずは、今のキッチンの問題点を洗い出しましょう。

収納が少ない。

シンクが狭い。

ゴミ箱を置く場所がない。

そもそも全体が狭すぎる、などです。

キッチンを広くするには、隣接する部屋の間取りも変えなければいけませんが、シンクの形を変えることで、スペースを広く取ることも可能です。

また、リビングやダイニングとの関係も重要になってきます。

家族とのコミュニケーションを重視するなら、壁にシンクを配置したオープンタイプ。

もしくは、LDとの間仕切りにカウンターを設置したセミオープンタイプのキッチンを。

家族の方を向いて料理をしたいと思えば、つり戸棚を設けないオープン対面式のキッチンか、つり戸棚で間仕切りの代わりにするセミクローズドタイプのキッチンか。

家族の生活スタイルや主役である主婦の目線が選ぶポイントになります。

シンクの形は、狭いキッチンでも対応可能なI型・L型が普及しています。

キッチンのスペースが広く取れるのであればⅡ型・U型・アイランド型・ペニンシュラ型を選ぶと良いでしょう。

アイランド型やペニンシュラ型は、比較的オープンな配置となりますので、家族とのコミュニケーションを重視する人に向いています。

次に設備ですが、主流となっているシステムキッチンでは、設備や天板、扉の材質や色、収納パーツなど組み合わせて好みのキッチンを作ることができます。

電化住宅へのリフォームであれば、コンロはIH機器にリフォームすることになります。

また、つり戸棚も、最近では、上下開閉や、中の棚が下りてくるフラップタイプなどが人気となっています。

シンクは、中華鍋が置ける大きめのサイズが一般的になっています。

上を見ればキリがないキッチンのリフォームですが、家事導線や料理をする人のスタイル、家族のスタイルなど総合的に考えて答えを出すことが大切です。

住宅リフォームナビ/リフォーム業者の口コミと評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。