トップ 住宅リフォームナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

住宅リフォームナビ/リフォーム業者の口コミと評判シックハウス対策 > シックハウスの原因

シックハウスの原因

シックハウスの原因の画像

シックハウス症候群の直接の原因は、家を建てる時に用いられる建材によるものです。

具体的には、家の断熱材や合板に用いられている接着剤から発生する「ホルムアルデヒド」や塗料に含まれる「トルエン」「キシレン」などの揮発性有機化合物(略してVOC)がシックハウス症候群の原因と考えられています。

ホルムアルデヒドは、吸い込むと目や鼻、喉といった呼吸器を刺激することで知られています。

トルエンは、皮膚や粘膜へ強い刺激を与え、中枢神経にも刺激を与えることで知られています。

シックハウス症候群の症状としては、目がチカチカする、頭痛や頭重、めまいや不眠など、不定愁訴のような症状の他に、アレルギー反応のようなじんましんなど様々です。

個人差が大きいことがシックハウス症候群の特徴でもあり、症状を特定することは今のところできていません。

シックハウス症候群は、住宅が和風建築の頃には無かった病気です。

住宅が和風建築から、気密性の高い洋風建築に変わっていったことがシックハウス症候群の原因ではないかともいわれています。

高気密・高断熱と大変快適に過ごすことのできる住宅が当たり前の現代。

しかし、この快適さと比例するかのようにシックハウス症候群に侵される人も増えてきたのです。

1980年代頃は原因不明の病気とされ、病院に行っても「気のせい」とか、「環境の変化によるストレス」などと診断され、自宅療養を勧められさらに悪化する人も多かったといいます。

1990年ごろから、合板や新建材を用いる住宅を新築した人に、似たような症状が出たことから、厚生労働省が調査を始めました。

家の中にいる時間の長い専業主婦や、VOCの影響を受けやすい小さな子供にその症状が集中したため、家の中の空気汚染が原因ではないかと分かってきたのです。

国は、2003年に建築基準法を改正し、シックハウス症候群の大きな原因となるVOCを規制したり、室内の換気を義務付けたりという動きに出ています。

住宅リフォームナビ/リフォーム業者の口コミと評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。